『鵜飼いと現代中国』著者の卯田宗平先生が5/15「日本経済新聞」に寄稿

分類:最新情報, 書評・紹介 [2017-05-19]

 
 
 
 
 

(書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します)

『鵜飼いと現代中国』著者の卯田宗平先生が5/15「日本経済新聞」に寄稿されました.

「中国の鵜飼いは「ウ」任せ――中国の「隋書」の倭国伝にも,日本で鵜飼いがあったとの記述がある.ただ中国と日本のどちらが古いのかまだよく分からない.〔…〕鵜飼いを通じて日中の文化的な背景や違いを浮き彫りにするのが私にとっての研究の醍醐味である,と同時に,日中をつなぐ歴史的な鵜飼文化を,鵜匠たちとともに後世に継承していきたい」(卯田宗平:国立民族学博物館准教授)

【書籍内容紹介】
経済発展とその環境へのインパクトが注目を浴びている中国において,自然と人間の関係はどのように変化しているのだろうか.中国最大の淡水湖である江西省鄱陽湖で生きる鵜飼い漁師を中心に,激動の現代中国を生き抜く人びとの姿を鮮やかに描く民族誌.

月別記事リンク