共生のプラクシス 増補新装版

国家と宗教

著者
中島 隆博
ジャンル
人文科学  > 哲学・思想・倫理
発売日
2022/05/25
ISBN
978-4-13-010155-4
判型・ページ数
A5 ・ 372ページ
定価
6,930円(本体6,300円+税)
在庫
在庫あり
内容紹介
目次
著者紹介
国家と宗教という二つの共同性を超えて、いかなる共生の思想を切り開くか。仏教、儒教からデリダ、ドゥルーズまで古今東西の議論を検討することで、他者という概念を再定義し、共同性の脱構築を試みる。中国哲学と西洋哲学から紡ぎだす思考の挑戦。
プロローグ 他者たちへの想像力

第I部 原初的な共同性をめぐる思考

第1章 小人がもし閒居しなければ──朱熹の思想
 1 中国思想における公共空間
 2 「小人閒居して不善をなす」
 3 悪の場所
 4 君子の「独」と小人の「独」──「他者を予想する境地」にいる小人
 5 「誠意」という関門──小人の間の分割
 6 自ら欺く──君子の場合
 7 自ら欺く──小人の場合
 8 「半知半不知」
 9 君子は小人である──巨悪について
 10 王船山の批判と他人の存在

第2章 小人たちの公共空間──明代の思想
 1 小人の君子化と「知」から「良知」への移行──王陽明
 2 「無善無悪」と「信」──王龍渓、銭徳洪
 3 「愚夫愚婦」の「公論」──繆昌期
 4 代理=代表の空間──黄宗羲
 5 小人の朋党──欧陽脩、高攀龍
 6 渦巻きの共同性

インタールード1 他者たちを再び結びつける地平──ジャック・デリダの思考
 1 「絶対的起源の根源的差異」──デリダとレヴィナス
 2 「超越論的歴史性」と〈超越〉
 3 時間の超越論的エコノミー
 4 返済なき贈与──『時間を与える』
 5 犠牲のエコノミー、エコノミーの犠牲──『死を与える』
 6 涙を流す瞬間──『盲者の記憶』
 7 正義の時間──「複数の純粋な特異性を再び結びつけるだろう」

第II部 他者を再定義する仏教のラディカリズム

第3章 魂を異にするものへの態度──明末の仏教とキリスト教
 1 「殺生は人のなすことではない」──雲棲袾宏の「戒殺生」
 2 「殺生を戒める道理などない」──マテオ・リッチによる批判
  a 魂を異にするもの──人間と動物の差異
  b 魂のダブル・スタンダード──他人との差異
  c 他なる人間中心主義と倫理  
  d 「仁の模範」と魂のエコノミー
  e 肉を喰らうこととその抑制
 3 〈食べること〉の肯定──李贄と戴震
 4 〈美味しく食べること〉から〈殺すこと〉へ
 5 殺生は断じて行うべきではない
 6 「忍びざる心」を理解し直

第4章 強死せし者と死体の方へ──六朝期の仏教と儒教
 1 神滅不滅論争──范縝、蕭琛、曹思文
  a 范縝の形神相即論  
  b 仏教徒の批判
 2 死者と死体
  a 木と人、死者と生者  
  b 死体に変じる  
  c 死神  
  d 余分な死体
 3 神の複数性と他者との交わり
  a 神の複数性と一性  
  b 沈約の批判──神の名
  c 二つの心──心器をめぐって  
  d 思慮は他の部分にもやどるのか
  e 他人の心との交渉
 4 人間の間の区別──形神相即論を超えたイデア的器官
 5 人間の間の区別を破る──自然なる世界
  a 神滅の効用  
  b 自然は性による人間の間の区別を破る
 6 強死せし者
  a 経書に記載された祭祀と鬼神  
  b 蕭琛の批判  
  c 曹思文の批判  
  d 強死の回避──「自然」と「独化」の死/他者との関係における死
 7 マン-メイド・マス・デス(人の手による大量死)

第5章 死者を遇する〈倫理〉──仏教と生命倫理
 1 現代における生命倫理と仏教
 2 「自然」と「道徳」
 3 捨身・布施──臓器移植を容認する仏教的言説
 4 自己決定
 5 「死の作法」、道徳化からの切断──臓器移植に対抗する仏教的言説
 6 死の時間─神滅不滅論争の争点
 7 臓器移植とカニバリズム
 8 動物を殺してはならない──「戒殺生」の争点
 9 死者を死者として遇すること
 10 仏教のラディカリズム

インタールード2 他のものになることの倫理――ジル・ドゥルーズと中国
 1 生成変化――『千のプラトー』
  a 近傍と此性の構成――全く違った個体化の様態、そして世界
  b 他の近傍もまた変化する
 2 独立した個体の間の反自然的な予定調和
  a 反自然的な共感の統合――『経験論と主体性』  
  b この同じ世界――『襞』
 3 壁を通り抜ける技法――ドゥルーズにとっての中国
  a 抽象線に自らを切りつめる  
  b 欲望を整序するものとしての中国
 4 他なるものに化すこと――『荘子』胡蝶の夢
  a 胡蝶の夢――他者の立場に立つことはできない
  b 能動性を欠いた肯定による非倫理
 5 内在の倫理

第III部 共生の思想としての儒教の方位

第6章 儒教の近代化の行方――中国の新儒家
 1 現代新儒家の背景
 2 新儒家の定義
  a 宗教的であること  
  b 文化と哲学
  c 正統と合法――「道統」について
  d 新しい「外王」と「中体西用論」の後裔
 3 最後の儒家か、最後の仏家か――梁漱溟
  a 『東西文化およびその哲学』――─仏家から儒家へ転向したのか
  b 「最後の仏家」
  c  梁漱溟と熊十力(一)――「熊十力は儒家に、わたしは仏家に帰属するべきである」
 4 仏教から儒家思想へ――熊十力
  a 『新唯識論』と「境識同体不離」
  b 儒家思想の導入――『原儒』、『乾坤衍』
  c 梁漱溟と熊十力(二)――「内聖外王の学」の失敗
 5 仏教の再導入――牟宗三
  a 熊十力との出会い、梁漱溟との距離
  b 熊十力と梁漱溟の間で――「新外王」と「曲通」の道
  c 牟宗三のプログラムと「自覚的な自己否定」
  d 神妙なる融即――「一心開二門」から「天台円教」へ
 6 哲学化された仏教とそれを超えるもの

第7章 国家のレジティマシーと儒教――現代中国の儒教復興
 1 国家のレジティマシー
 2 儒教をどう捉えるのか
 3 Civil Religionの系譜学(一)――ジャン=ジャック・ルソー
 4 Civil Religionの系譜学(二)――─ロバート・ベラー
 5 儒教と犠牲の論理
 6 考えるべき論点

第8章 「批判儒教」のために――近代中国・日本における儒教復興
 1 二つの世俗化概念―― secularizationとlaicization
 2 儒教は宗教なのか(一)――清末から文化大革命まで
 3 儒教は宗教なのか(二)――改革開放以後
 4 近代日本における宗教と道徳
 5 人倫の道としての儒教――和辻哲郎
 6 孔子教と哲学的宗教性――服部宇之吉
 7 徳教としての儒教――井上哲次郎
 8 戦前日本における市民宗教の政治的意味
 9 来るべき「批判儒教」

第IV部 市民に息づく宗教性

第9章 儒教、近代、市民的スピリチュアリティ
 1 儒教復興
 2 近代と儒教
 3 台北孔廟
 4 原理主義的な儒家国教論と自由主義者のキリスト教的立憲政治論
 5 台湾と共和国の伝統
 6 長春と市民的スピリチュアリティ
 おわりに

第10章 世紀の交の霊魂論――中江兆民、井上円了、南方熊楠
 はじめに
 1 中江兆民の霊魂論
 2 井上円了の霊魂論
 3 南方熊楠の霊魂論
 4 熊楠と兆民、円了の交差
 5 熊楠霊魂論の政治性
 6 熊楠のエコロジー
 7 哲学などは古人の糟粕

第11章 ポスト世俗化の時代における市民社会
 はじめに
 1 重なり合う合意――チャールズ・テイラー
 2 世俗的理性と宗教的理性の間の翻訳――ユルゲン・ハーバーマス
 3 ポスト- デュルケーム的体制
 4 今日におけるマテオ・リッチ
 5 ローカルな宗教性
 おわりに

エピローグ 共生のプラクシス

あとがき
増補新装版へのあとがき
中島 隆博
東京大学東洋文化研究所教授
共生のプラクシス 増補新装版
ご注文
Amazon
紀伊國屋書店ウェブストア
honto
セブンネットショッピング
e-hon 全国書店ネットワーク
楽天ブックス
Honya Club.com
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
ヨドバシ.com