ことばとかたち

これから出る本

キリスト教図像学へのいざない

著者
西野 嘉章
ジャンル
人文科学  > 美学・芸術
発売日
2023/02/14
ISBN
978-4-13-080228-4
判型・ページ数
A5 ・ 344ページ
定価
8,580円(本体7,800円+税)
在庫
未刊・予約受付中
内容紹介
目次
著者紹介
中世から近世にわたるキリスト教美術で多く描かれた主題をとりあげ、造形美術を読み取るための基礎知識と読解の楽しみを伝える。著者によるキリスト教図像学研究の集大成的一冊。キリスト教美術のかたちで実現された、永遠なる世界のヴィジョンを垣間見る。
第一章 「ことば」と、「かたち」と――とりあえず、前段として
第二章 キリストの母マリアをどのように位置づけたらよいのか?――聖母か? 神母か? 生神女か?
第三章 水面の「かたち」をどのように表現したらよいのか?――伝統継承と刷新実現の二者択一のなかにあって
第四章 聖史伝の「ことば」をどのように探索したらよいのか?――「正典」でなければ、「外典」(アポクリフ)か? 「受難伝文学」か?
第五章 終末世界の「かたち」をどのように解読したらよいのか?――東方ギリシャ教会型か? 西方ラテン教会型か? あるいは両者の融合型か?
第六章 マリアの無原罪性をどのように造形したらよいのか?――教義の変遷、図像の変容、異教の混入

補遺一 基礎知識として、近代美術の流れを概観する
補遺二 キリスト教の歴史を知るにはなにを読むべきか?
補遺三 「ことば」と「かたち」――中世写本美術講義録
西野 嘉章
東京大学名誉教授/インターメディアテク顧問
  • ことばとかたち
  • ことばとかたち
ご注文
Amazon
紀伊國屋書店ウェブストア
honto
セブンネットショッピング
e-hon 全国書店ネットワーク
楽天ブックス
Honya Club.com
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
ヨドバシ.com