現代日本の新聞と政治

これから出る本

地方紙・全国紙と有権者・政治家

著者
金子 智樹
ジャンル
社会科学  > 政治
発売日
2023/03/01
ISBN
978-4-13-036287-0
判型・ページ数
A5 ・ 264ページ
定価
6,270円(本体5,700円+税)
在庫
未刊・予約受付中
内容紹介
目次
著者紹介

新聞は政治にいかなる影響を与えるのか。都道府県の多くで普及率1位を占める地方紙にとくに光を当て、政治報道や論説の送り手としての新聞と、受け手としての有権者、政治家との関係を多面的に分析し、現代日本政治における新聞の役割を包括的に解き明かす。

序章
1.なぜいま「新聞と政治」なのか
2.現代日本のメディアシステム
3.本書の目的・射程・方法
4.本書の構成

第1章 現代日本のメディアシステムの形成
第1節 戦前の地方紙の党派的傾向と普及率
第2節 「一県一紙」への統合と地方紙の伸長
第3節 戦後のメディアシステムの形成
第4節 政治家と地方紙の距離感
第5節 都道府県のメディアシステムの現在
まとめ

第2章 有権者から見た新聞と政治
第1節 既存の有権者調査とその限界
第2節 中部地方5県の有権者調査
第3節 有権者の新聞認識
第4節 各新聞購読者の政治意識
まとめ

第3章 社説の独自性と論調:50年間の縦断的な分析
第1節 先行研究の検討と分析の方針
第2節 憲法記念日社説データ
第3節 地方紙社説の独自性の歴史的検証
第4節 左右イデオロギー的論調の推移
まとめ

第4章 社説の独自性と論調:トピック横断的な分析
第1節 本章の分析方針
第2節 近年の社説テキストの収集
第3節 新聞社説のトピックの析出
第4節 地方紙社説の独自性の現況の解明
第5節 機械学習による2次元の論調の推定
まとめ

第5章 全国の新聞読者の投票先選択
第1節 先行研究の検討とリサーチデザイン
第2節 新聞普及率と衆院選得票率のデータセット
第3節 有権者の新聞購読と投票先選択の時系列的分析
第4節 50年間の左右論調とマージした分析
第5節 トピック横断的な2次元の論調とマージした分析
まとめ

第6章 新聞の国会議員報道と有権者への影響
第1節 国会議員のメディア認識
第2節 新聞の政治家報道の重要性
第3節 地元議員報道の多様性と規定要因
第4節 議員報道の効果:コンジョイント実験による検証
まとめ

第7章 新聞購読と有権者の投票参加
第1節 新聞部数の急速な減少
第2節 メディアと政治参加に関する先行研究
第3節 有権者調査データ分析の限界
第4節 自然実験的事例への注目:第二県紙の廃刊
まとめ

終章
1.日本のメディアシステムと政治過程
2.残された課題
3.変容する日本のメディアシステムと新聞
金子 智樹
東北大学大学院法学研究科准教授
現代日本の新聞と政治
ご注文
Amazon
紀伊國屋書店ウェブストア
honto
セブンネットショッピング
e-hon 全国書店ネットワーク
楽天ブックス
Honya Club.com
TSUTAYA オンラインショッピング
HMV&BOOKS online
ヨドバシ.com