『アメリカ文化外交と日本』が8/2「朝日新聞」で紹介

「「情報戦」の一環としての米国の対外文化広報は冷戦期に再び活発化する.〔…〕著者はこうした活動を総合的に調査し,戦後日本史における米国の影響力を描き出す.」(評者:武田徹氏・評論家)
書影をクリックすると書誌情報ページへ移動します.
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加