小谷潔『「極限」を使いこなす』が「数学セミナー」2019年3月号で紹介


小谷潔『「極限」を使いこなす』が「数学セミナー」2019年3月号で紹介されました。評者は若狭徹氏(九州工業大学大学院工学研究院)。
「解析学「全部のせ」を完食しよう――今日の情報化社会の未来を読み解くための数学リテラシーの活用を提案し、特に実用的な観点から解析学関連の数学を横断的にまとめあげた〔…〕微分方程式と確率統計の2科目について、(いわゆる教科書的ではなく)全体としてのテーマを持たせた上で一冊にまとめあげられている点が個人的に面白い〔…〕実用的な観点から数学が社会の役に立っていることを実感することができるでしょう。数学に強い興味を持っている幅広い方々にぜひ手に取ってもらいたい」
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加