平倉圭『かたちは思考する』が「図書新聞」12/14号で紹介

平倉圭『かたちは思考する』が「図書新聞」12/14号で紹介されました。評者は稲賀繁美氏(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)。
「形象の生成と言語の倒錯と――本書は、常識を転倒させるひとつの大胆な前提から出発する。曰く形象は自ら「思考する」、と。〔…〕評者は近来「気象学」/「地質学」的なる接近法を頼りに、従来の藝術観の打破を模索してきた。その両者の綜合が、本書の企図によって一挙に止揚された観がある」
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加