平倉圭『かたちは思考する』が「新潮」2月号で紹介

平倉圭『かたちは思考する』が「新潮」2月号で紹介されました。評者は福永信氏(小説家)です。
「本書は名作や無名の作品、珍作奇作を分け隔てなく扱っており、著者の執拗な分析、描写によって名作であってもなくても、妙に面白く思えてくる。無論それは作品の力だが、平倉圭のその目線が、作品の面白さ、スリルを蘇らせているのも間違いないことである」
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加