辻河典子著『パリ講和会議体制とハンガリー』が、『東欧史研究』第44号で紹介

辻河典子著『パリ講和会議体制とハンガリー――亡命政治家からみたヨーロッパ国際関係』が、東欧史研究会発行の『東欧史研究』第44号(2022年)で紹介されました。評者は馬場優氏(福岡女子大学国際文理学部教授)。
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加