佐藤康宏著『若冲の世紀』が、12/25『読売新聞』で紹介

佐藤康宏著『若冲の世紀――十八世紀日本絵画史研究』が、12/25『読売新聞』読書面「読書委員が選ぶ「2022年の3冊」」で紹介されました。評者は中島隆博・東京大学東洋文化研究所教授(中国哲学)。

「質量ともに抜群で、江戸の天才画家たちが中国絵画の想像力と格闘する様子がよくわかります」
シェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加