『〈救済〉のメーディウム』が4/1号「図書新聞」で紹介

「媒体の美学の可能性――〔ベンヤミン,アドルノ,クルーゲ〕三者の思考の系譜において,絶えず知覚の媒体が,映画のような映像作品を含めた技術作品のうちに探究されているのを,ベンヤミンとアドルノの言語論の精緻な読解などを踏まえて,思考の広い文脈のなかから浮き彫りにしている点が,本書の議論の軸をなしている」(柿木伸之氏) (続きを読む…)

『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ』が4/8号「図書新聞」で紹介

「「女子力」とは別の仕方で……――「自由」と「個人」と「政治」の問題系を「女性」をめぐる問いとの絡み合いのなかで考究するというすぐれて今日的な課題に取り組むためのうってつけの舞台として,フランス革命期前後の西欧という時空を再発見する」(片岡大右氏・東京大学研究員) (続きを読む…)

『フェミニストたちの政治史』が4/23「読売新聞」で紹介

「痛み伴う試行錯誤――各国の社会における女性運動の試行錯誤の歴史を,鋭い痛みとともに詳細に振り返っている.〔…〕けれど,そのような痛みが隠されてきた日本社会を思う時,著者の労作が世に問われることに改めて意義深さを感じるのだ」(三浦瑠麗氏・東京大学講師) (続きを読む…)

『分裂病と人類』が4/16「産経新聞」で紹介

「強迫的な社会の息苦しさ――畏怖すべき著書だと思う.みずからのうちに『失調すれば分裂病となるもの』の種子を感じている精神科医が『恐ろしいこと』を旋律的な感情とともに始めてしまった.いくら歴史の井戸を掘っても,底には着かない (続きを読む…)

『市民を雇わない国家』が4/8「日本経済新聞」で紹介

「日本の官僚,公務員の質は/行政サービスは効率的か――〔日本の公務員数は諸外国に比して多いのか少ないのか〕はたしてどちらが正しいのか.この疑問に正面から答えるのが前田健太郎著『市民を雇わない国家』である.〔…〕ここでの論点は,公務員数が相対的に少ないとしても,それはただちに行政の効率性の高さを意味するわけではないという厄介な現実があることである」(真渕勝氏・立命館大学教授) (続きを読む…)

『安達峰一郎』が4/9「毎日新聞」で紹介

「語学と国際法の識見を武器に――第一次大戦後の日本は,国際連盟の常任理事国の一員となった.その日本が1920年代を通じ,理事国として期待された役割をどうにか果たしえた背景に,流暢なフランス語と緻密な国際法の識見を武器に連盟を切り盛りした安達の存在のあったことが,本書を読んで腑に落ちた」(加藤陽子氏・東京大学教授) (続きを読む…)

『現代日本の官僚制』が「週刊ダイヤモンド」4/8号で紹介

「なぜ行政は信頼されないのか 官僚制を冷静に分析した良書――本書の冷静な分析は,政治や行政を真摯に考える者を,大いに益するだろう」(玉井克哉氏:東京大学教授・信州大学教授) (続きを読む…)

『排除と抵抗の郊外』著者・森千香子先生の記事が「日本経済新聞」3/29「経済教室」に掲載

『排除と抵抗の郊外 フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』森千香子先生によるコラムが「日本経済新聞」3/29の「経済教室」に掲載されました.
(続きを読む…)

『現代日本の官僚制』が3/18「日本経済新聞」で紹介

「統治の質高いが代表性欠く――本書は,急速に発展した政治学の理論を使って,国際的な比較のうえに日本官僚制の構造と変化を解き明かそうとした意欲作である.〔…〕官僚制に関心を持つ人が,知的興味を満足させるために読むにふさわしい書物である.」(飯尾潤氏・政策研究大学院大学教授) (続きを読む…)

『健康政策の経済分析』が「週刊東洋経済」3/4号で紹介

「医療と介護を連結する広域での画期的な分析――本書では福井県での医療,介護,特定健診の情報を名寄せして連結したデータを構築し,医療と介護を横断的に分析している〔・・・〕本書で記された研究成果は今後の医療や介護の政策形成に欠かせない」(土居丈朗氏・慶應義塾大学経済学部教授) (続きを読む…)

| より以前の記事 »

月別記事リンク